ヨガインストラクターって何するの?まずは仕事内容を知りましょう!

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

今このサイトをご覧になっているあなたは、ヨガインストラクターという仕事に興味がある方でしょうか。それとも、もうすでにヨガインストラクターとして働いている方でしょうか。

この「ヨガインストラクターナビ」では、これからヨガインストラクターになろうとしている方や、ヨガインストラクターになったばかりで働き方に不安があるという方に向けて様々な情報をお届けしています。

この記事はサイトの第一弾となる記事ですので、まずは「ヨガインストラクターとはどういったお仕事なのか」を紹介させていただきます。

ヨガインストラクターを目指している方も、なったばかりの方も、いま一度ヨガインストラクターの仕事は一体どのようなものなのか考えていきましょう。

ヨガインストラクターの仕事とは?

ヨガインストラクターの仕事はズバリ、「安全で正しいヨガの実践方法を、責任を持ってお伝えすること」です。

ヨガインストラクターは、ヨガスタジオやスポーツクラブなどでお客様にヨガの呼吸法や瞑想、アーサナ(ポーズ)を指導しヨガの魅力を伝えます。

ポーズを実践する際は身体を使うので、お客様ひとりひとりに目を向けて、体調を崩したりケガをしたりしないように無理なく身体を動かしてもらえるよう適切に誘導することが大切。

インストラクターのサポートや誘導はお客様にとってとても重要なことなのです。

そのサポートや誘導を安全に正しく行なうために、ヨガインストラクターはヨガについて学び、インストラクション(指導)について学び、身体の構造について学び…常に学びを深めていく必要があります。

さらに具体的に見ていきましょう。

ヨガレッスンの提供

まず思いつく仕事内容はこれでしょう。ヨガと言えば、レッスンで様々な「ポーズ」を取るイメージが強いですね。

ヨガのレッスンを提供するためには、ヨガレッスンの指導内容を自分で構成する必要があります。

指導内容が決まっているスタジオもありますが、各インストラクターのオリジナルレッスンを行なうところが多く、やはり自分でレッスン内容を作成する力は必要不可欠です。

レッスン内容も、初心者向けから上級者向けまで、何十種類ものレッスン内容を構成していく必要があります。

そして考えたレッスンをそのまま行うのではなく、その日の参加者のレベルや体力なども見ながらレッスンの流れやポーズ数などもその時々に応じて変化させる応用力も大切になってきます。

お客様の大切な身体を扱いますので、頑張りすぎて身体を痛めてしまう方が出る前に、適切にサポートを行なう判断力も重要です。

生徒ひとりひとりが無理なく、心地よくレッスンを終えることができるよう常に全員に気を配らなければなりませんので、決して楽な仕事とは言えませんね。

お客様との交流・問題解決

ヨガを受けにくる方々はたくさんいても、目標は人それぞれです。運動不足解消や美容、ダイエット、リラックス、その他心身の不調の改善など、様々な考えを持った人たちがあなたのレッスンを受けに来ます。

では、レッスンが終わったらみんなその目的を果たせるのかといえば、そんなことはありません。

それぞれが「あのポーズはゆったりしてたけど、ダイエットには効くのかな」「どうしてもあのポーズは苦手なんだけど、もっと楽にできる方法はないのかな」などと思うところもありながらレッスンを終えています。

ですから、レッスンが終わったら今度はそれぞれの方の疑問に向き合いましょう

たとえば、

「ただお腹をねじるだけじゃなくて、吐く息でしっかりお腹を凹ませるとお腹の脂肪が燃えやすくなりますよ」

とか

「もし足を上げるのがきつければ、床についたままでもいいですよ」

などとお伝えし、その人に合わせたやり方を提案することで満足度の高いレッスンへと変わっていきます。

ヨガスタジオの環境づくり

こちらは、自分でスタジオを経営している方や、またヨガスタジオに努める正社員やアルバイト・パートさんは特に気を付けるところでしょう。

お客様の中には、ヨガに「スピリチュアル」「非現実世界」のような感覚を求めていらっしゃる方が多く存在します。

そんな場所で、ホコリや髪の毛、段ボールなど、一気に現実に引き戻されるものが落ちていたり置いてあったりすると興ざめしてしまいます。

もちろん、フリーランスとして各スタジオを行き来するヨガインストラクターもこの意識は常に持っていなければなりません。

レッスン前にはホコリや髪の毛が落ちていないかチェックをしますし、またレッスン中の照明の使い方や温度設定、音楽選びや音量の設定、はたまた声のトーンもスタジオの環境づくりの一つと言っても過言ではありません。

ヨガスタジオは常に清潔にして、日常生活ではあまり聴くことのないような自然音やアジアンチックな音楽をかけ、スタジオによってはアロマを炊いたり、部屋も少し薄暗くしたりしてお客様をお迎えしましょう。

これらは、ヨガスタジオのスタッフやインストラクターにとっては当たり前でも、お客様にとっては週に1度のスペシャルタイムだったりもします。

それをちょっとした手抜きによって現実に引き戻してしまってはいけません。

勉強もヨガインストラクターの大切な仕事

そしてヨガについて学ぶことも、ヨガインストラクターの仕事のひとつです。というより、ヨガインストラクターとして最も大切な仕事だと私は思っています。

ヨガインストラクターになるために養成学校や講座に通い、ヨガや身体の構造、呼吸や瞑想、ポーズの流れや指導方法などを学んで資格を取得できたら、勉強は終わりというわけではありません。

常にヨガのポーズは様々なインストラクターから生み出され、その数は何万という数字にも及んでいます。

もちろんすべて覚える必要はありませんが、指導できるポーズの種類が多ければ、それだけ様々なお客様にも対応することができます。

時には自分がお客様側になって、他のインストラクターのレッスンを受けましょう。自らもヨガを実践し、心と身体を健やかに保っておくことも大切です。

ヨガのレッスンを構成することばかり考えてあたふたしていると、どんなに良いレッスンをしてもやりがいを感じられなくなって、レッスン自体が苦痛になってしまうこともあるかもしれません。

まとめ

ヨガインストラクターとしてやるべきことはまだまだたくさんあります。

正社員になればスタジオの管理やシフトの作成も行ないますし、スタジオ経営をするなら場所の確保からレッスン時間の設定なども重要な仕事です。

働き方によっても仕事内容は変わってきますので、具体的な仕事内容は以下の項目ごとに確認してみてくださいね!

憧れのスタジオ経営!自分のヨガスタジオを持つ方法

2016.03.23

短時間勤務もOK?アルバイト・パートのヨガインストラクターの働き方

2016.03.10

会社員としてヨガを教える!正社員ヨガインストラクターの働き方

2016.03.07

色々なスタジオでレッスンしたい!フリーランス(業務委託)ヨガインストラクターの働き方

2016.03.07

広告