これからヨガを始めるヨガ初心者の方に、インストラクターがまず伝えたい4つのポイント

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

近年、ヨガは習い事として大人気です。

でも、これからヨガを始める方にとってヨガは未知数。何から始めて良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、これからヨガを始める「ヨガ初心者」の方に知っておいてほしい4つのことをお伝えします。

1.ヨガとは何か?

そもそも、ヨガって何なの?という方も多いですよね。

「ヨガ」はサンスクリット語の「ユジュ」という言葉が語源となっています。

ユジュは「つなぐ」という意味で、ヨガは心と身体がつながっている状態へと導いていく手段をあらわし、最終的には「心と身体を落ち着かせてあらゆる思考を静止させ、あらゆる対象と自分が一体となった状態(サマディ=三昧)」がヨガの目的となります。

…なにそれ?

そう、私も初めはそう思いました。きっと、これからヨガを始める方も頭の中ははてなマークが浮かぶことでしょう。

私もいまだにその状態へはたどり着けていませんので、はっきりと「こういうことです!」とは言えないのが現状です。

ですが、「ヨガ」と聞くとポーズなどエクササイズ的要素を思い浮かべる方が多いですよね。ヨガで行うポーズはすべてその「サマディ」へたどり着くための手段なのです。

2.ストレッチとの違い

ストレッチとヨガは似て非なるもの。

ストレッチは身体を心地よく伸ばしてくれて血液やリンパの流れが良くなったり、身体をほぐして柔軟性を高めたりしてくれるといった効果があります。

もちろんそういった効果をヨガで感じることもできますが、ヨガにおいてそれは目的となる効果ではありません。

ヨガはポーズや呼吸、さらには瞑想を深めて「自分の心身と向き合う」ことから、様々な効果にたどりついていくのです。

身体的な効果だけでなく精神的な効果も得られるのがヨガと思ってもらえたら良いですね。

3.ヨガがもたらす効果

上記で説明したとおり、ストレッチとヨガは少し違います。

ヨガがもたらしてくれる主な効果は

  • ダイエット・脂肪燃焼
  • 肩こり・腰痛等の身体の不調の改善
  • 便秘改善・消化促進
  • 冷え性・むくみの改善
  • 心・精神の安定
  • 自律神経のバランスを整える
  • リフレッシュ・リラックス

などなど、身体だけでなく心にもポジティブな効果をもたらしてくれます。

4.ヨガをする時の注意点

ヨガを行なう上での厳密なルールはありませんが、より快適にヨガを行なうためにいくつか注意点をお伝えしておきましょう。

何よりもまず、自分の体調を考慮する

ちょっと熱があったり、仕事でいつも以上に疲れていたり、その他体調が悪いと感じる場合は決して無理をしてはいけません。

ヨガは「やりたい時にやればいい」と心に留めておきましょう。やりたくないなーと思いながらやってもヨガから得られる効果はせいぜい”むくみが取れる”ぐらいの効果だと思われます。

ちなみに女性の場合は、生理中にヨガを行なうこと自体は問題ないと言われていますが、逆転のポーズ(頭が下に下がる、もしくは脚が上に上がる)は良くないとされています。

ヨガをする場所は清潔に

基本的に、「どこでもできる」というのがヨガの魅力ではあるのですが、ヨガは呼吸がとても大事なので、換気されていない部屋の中で行うと、埃やハウスダストを体内に取り込んでしまう可能性があります。

ヨガを始める前に一度その環境を見て、空気が良くないと思ったらさっと窓を開けて空気を入れ替えましょう。

食後すぐはNG

食後すぐに運動したことはありますか?わたしは高校生の時に、食後すぐ運動して気持ち悪くなってしまったことがあります。

激しい運動はもちろん、ヨガを行なう場合も同じように気持ち悪くなってしまう場合があるので、できれば食後約2時間は空けてからヨガをすることをおすすめします。

どうしてもお腹が空いてしまう場合は、ナッツやドライフルーツなどを軽く食べても良いですが、それでも食後30分は空けた方が良いでしょう。

まずは気軽に始めてもらいましょう!

ヨガのことについてなんとなーくわかってきたらさっそく実践してもらいましょう。

ヨガスタジオやスポーツクラブでのヨガを受けて「楽しい!」と思ってもらえたら、最近はYoutubeなどの動画サイトにもたくさんのヨガレッスン動画がありますから、まずは難しく考えずに家でも動画を見ながらヨガをやってもらうのも良いと思います。

一人でも多くの方に、心も身体も軽くなる感覚が感じてもらいましょう!

広告