ヨガインストラクターになるには何をすればいいの?インストラクターになるまでの流れとは

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

ヨガインストラクターを目指している方は、やはり「どうしたらヨガインストラクターになれるのか」をまずは調べますよね。私もパソコンにかじりついて調べました。

ヨガインストラクターとはどういった仕事内容で、どんな働き方があるのか。資格はどのように取得するのか。資格を取ってから実際に働くまでに何をするのか…

それらをなんとなく知っているだけでも心構えができますよね。

ヨガインストラクターになるためには具体的にどうすれば良いのか、まずはその流れを知りましょう!

1.働き方を決める

自分がどのようなインストラクターとして活動していきたいのかを考えましょう。

一言でヨガインストラクターと言っても様々な形態があります。

フリーランスや正社員、アルバイト・パートなどといった働き方もありますし、また、自分でスタジオを経営したり、副業としてヨガインストラクターになるという選択もあります。

ちなみに、最初から働き方を決めていなくても特に問題はないので、「なんとなく興味がある」という気持ちで養成講座に申し込んでも良いと私は思います。

憧れのスタジオ経営!自分のヨガスタジオを持つ方法

2016.03.23

短時間勤務もOK?アルバイト・パートのヨガインストラクターの働き方

2016.03.10

会社員としてヨガを教える!正社員ヨガインストラクターの働き方

2016.03.07

色々なスタジオでレッスンしたい!フリーランス(業務委託)ヨガインストラクターの働き方

2016.03.07

2.養成講座に通う

特にフリーランスのヨガインストラクターとして活動しようと思うのであれば、やはり養成講座や専門学校には通うべきです。

ヨガインストラクターは他人の身体を扱うわけですから、きちんと身体のことを学び、安全なレッスンを提供する必要がありますよね。

お客様の立場に立って考えれば、自己流で教えている人よりも人体の構造からヨガに関する知識まできちんと知っているインストラクターの方が信用できます。

養成講座も今は様々な種類があります。仕事をしながらでも通えるところも多いので、働きながらインストラクターを目指せるのはうれしいですね。

ヨガインストラクター養成講座の選び方。重視したい6つのポイント

2016.05.10

3.資格を取得する

ヨガには国で定められた資格はありませんが、やはり資格を持っていると持っていないとでは信頼度が変わります。

養成講座修了後、その団体が行なっている試験に合格すると共に資格を得られるところが多いです。

「ヨガについて勉強し、きちんとしたレッスンができる」という証拠になりますのでぜひ資格は取得しましょう。

4.求人を探す

自分が働きたいヨガスタジオやスポーツクラブの求人を探します。

日本全国、ヨガスタジオやスポーツクラブはたくさんあるように見えますが、個人で経営しているスタジオなどでは求人を募集していないことの方が多いので、実質自分が働けるスタジオは多くないと思っておいた方が良いでしょう。

求人に応募する場合、履歴書が必要になることが多いので、事前に履歴書に書くことをまとめておくのが賢明です。

ヨガインストラクター求人の探し方。求人サイトばかりを見ていてもあなたのベストスタジオは見つからない!

2016.05.19

5.オーディションを受ける

求人に応募したら、次はいよいよオーディションです。

オーディション内容はスタジオによって様々ですが、5分~15分程度のレッスンを見せる「実技」と、その人の人となりを見たり仕事内容について話す「面接」を行なうのが一般的かと思います。

オーディションでは「自分のレッスン」を思い切り披露しましょう!

ちなみに正社員やアルバイト・パートの募集ではオーディションがない場合もあります。

ヨガインストラクターオーディションの流れと、当日までにできる5つの対策を伝授!

2016.05.23

6.ヨガインストラクターデビュー

オーディションに受かったら見事ヨガインストラクターデビューです!素敵なレッスンをお客様に提供しましょう。

ちなみに自分でスタジオを持つ場合はオーディションなどがありませんので、お客様と触れ合う前に自分のレッスンを見て評価してくれる人がいません。

ですので、お客様にレッスンを提供する前に、自分の知り合い(できればきちんと意見を言ってくれる親や兄弟、友人)にレッスンを受けてもらい、客観的な意見を聞いた方が良いでしょう。

まとめ

以上がヨガインストラクターになるまでの流れです。なんとなくイメージはつかめましたか?

やはりプロとしてお客様の前に立つ仕事ですので、初めは養成講座やオーディションでレッスンの改善点を容赦なく指摘されることも多いかもしれません。

ですがそこをしっかり乗り越えればもうあなたはプロです!ヨガインストラクターとして一人前を目指して頑張りましょう!

広告