ジェルネイルをしてみて感じた、ヨガインストラクターがジェルネイルをする3つのメリット

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

突然ですがみなさんはジェルネイル、やってますか?私はちょうど1年前ぐらいから、時間をみてお店でやってもらっています。

以前はネイルサロンに行くのが億劫でジェルネイルよりもマニキュア派でしたが、結論から言って、ジェルネイルをする方が圧倒的にメリットがあったんです!

ということで、今回はヨガインストラクターがジェルネイルをするメリットを3つ紹介します。

見た目が圧倒的にきれい

子供みたいな理由ですが、とにかくきれいなんです。

ヨガインストラクターの仕事は、お客様に安全で正しいヨガの方法を伝えること。そのため、ヨガインストラクターの手は常にお客様の近くにあるので手の爪はよく見られますし、また、常にヨガは裸足で行うので足の爪も見られてますね。

素の爪がきれいな方はもちろんそのままでも良いのですが、ジェルネイルの魅力は何といってもあのツヤ感!クリアのジェルネイルだけでも爪が何倍にもきれいに見えるんです。

割れた爪や二枚爪などは、やはり見た目が悪いですし、なんだか栄養が足りてなさそう。栄養が足りてなさそうと思われてしまうのは健康的なイメージのあるヨガインストラクターとしては避けたいところです。

そして、ジェルネイルはお客様との話題作りにもなり、会話がとても広がります。

爪の先までつるつるだからお客様の肌を傷つける心配がない

ジェルネイルの施術前には、ネイルファイルというやわらかい爪やすりで爪の先から表面までつるつるに整えてくれます。

そしてさらに、爪の先までジェルを塗ります。だから、爪の先の一番鋭い部分をコーティングしてくれるので、お客様の肌を爪で傷つける心配がないんです。

ジェルネイルが終わった後に自分で触ってみるとわかるのですが、爪の先がまあるくなっているので、肌に触れても痛くない!初めてジェルネイルをした時は感動しました…!

結局、ジェルネイルの方がマニキュアより楽

何よりも、ジェルネイルはマニキュアより管理が楽です。

マニキュアは塗ってから乾くまでに時間がかかり、乾くまでの間にうっかり触ってしまって、傷が入ったりよれたりしてしまいヤキモキしますよね。

その点、ジェルネイルは「硬化」という作業があり、UVライト等をジェルネイルを施した爪に当てることで完全に固まり、ネイルが剥げたりよれたりしないのでストレスが溜まりません。

しかもマニキュアではできないような凝ったアートも楽しめるので、やはりジェルネイルをするメリットは大きいですよね。

ジェルネイルをする際の注意点

さて、ジェルネイルのメリットをお話してきましたが、もちろん注意してもらいたいポイントもあります。

注意①ネイルのパーツはつけない

まず一つ目が、ネイルのパーツはつけない方が良いということ。

ジェルネイルをする際、ストーンやスタッズなど、ネイルをかわいくしてくれる素敵なパーツを見ることが多いです。ですが、ヨガインストラクターとしてはなるべくつけないのが賢明。

ジェルネイル自体は爪のとがった部分やガサガサの部分を整えつるつるにしてもらえるのですが、パーツを付けてしまうと、せっかくなくなった「とがった部分」を自ら付け足してしまうことに。

上述の通り、ヨガインストラクターはお客様の肌に触れることも多いため、一歩間違えるとストーンやスタッズでお客様の肌を傷つけてしまう可能性があります。

注意②爪はなるべく短く整えてもらう

また、爪が長い状態でジェルネイルをするのもおすすめできません。

ヨガインストラクターは爪を短く整えていると思いますが、素爪なら気になった時にいつでも爪を切れますよね。

ですがジェルネイルをしていると、自分で爪を切れません。正確に言うと、切ることはできますが、自分で切ってしまうとジェルネイルがはがれやすくなってしまうのです。

また、せっかくコーティングしてもらった爪の先が、爪を切ったことによってまた鋭くなってしまうため、お客様の肌を傷つける危険性もあります。

ジェルネイルはだいたい3週間ほど持ちますので、3週間爪を切れないと思っておいた方がいいです。爪の長さはネイリストさんに相談しましょう。

まとめ

ジェルネイルをすることによるメリット、いかがでしたか?

手の爪も足の爪も、お客様からは常に見られています。見られている部分はやっぱりきれいにしておきたいですよね。

ちなみに最近では男性もジェルネイルをする方が増えているみたいですね。もちろん男性全体の中では少数派なのかもしれませんが、手元を見られる職業の男性はやっている方もいるみたい。

男性のヨガインストラクターも、爪をきれいに見せるというよりは、爪をコーティングして安全なレッスンをするためにジェルネイルをしてみるのも良いのではないでしょうか。

広告