はじめてホットヨガを受けるお客様に必ず伝えたい「ホットヨガを受ける際の4つの注意点」

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

ホットヨガのスタジオ、全国的にもかなり増えてきましたね。ホットヨガは通常のヨガと比べて大量の汗をかくことができるため、普段運動をされない方も手軽にデトックスしやすいですし、ダイエットにもおすすめです。

ですがそんな大量の汗をかくホットヨガだからこそ、常温スタジオで受けるヨガよりも注意点が多いのです。

そこで今回は、ヨガインストラクターとして「はじめてホットヨガを受けるお客様に必ず伝えたい4つの注意点」をお伝えします。

ホットヨガとは

その前に、まずはホットヨガについて簡単におさらいしましょう。

「ホットヨガ」とは、室温約36~40度程度、湿度60%程度の室内で行うヨガのこと。これくらいの室温は無理なく汗をかくことができ、身体が温まることで柔軟性も高まり、汗をかきたい人には最適な環境です。

最近は冷え性の方も多く、体温が35度台の方もかなりいらっしゃいます。35度台のになってくると免疫機能が低下し風邪を引きやすくなりますし、恐ろしいことにガン細胞が好む温度が35度台だと言われていますので、ガン細胞も増殖しガンの発生リスクが高まります。

ホットヨガを行なうことによって身体を温め、美容効果だけでなく健康促進につなげていくことも、ホットヨガインストラクターの使命であると感じますね。

それでは、「はじめてホットヨガを受けるお客様に必ず伝えたい4つの注意点」に戻りましょう。

1.ヨガ自体をはじめて行なう方は「呼吸」に気を付けて!

ヨガを行なう際、一番大切なのは呼吸です。一般的な運動とは違い、動きに呼吸を合わせるのではなく呼吸に動きを合わせるのがヨガです。

ですが、特に筋力を使うポーズの時に、つい呼吸をグッと止めてポーズをキープしてしまう方がいらっしゃいます。

ホットヨガで呼吸が苦しく感じたり頭がクラクラするのは、途中で呼吸を止めてしまっていることも原因の一つ。頭に血液や酸素が巡らずに徐々に頭がボーっとしてしまいます。

どんなにポーズがきれいにキープできていても、呼吸が止まってしまっていればそのポーズが持つ効果は心や身体には現れませんので、常に呼吸を深く意識してもらうように誘導しましょう。

レッスンのはじめに「呼吸を意識してくださいね~」とだけ言ってもすぐに呼吸は浅くなってしまいがちですので、レッスン中は何度か呼吸について案内してくださいね。

2.水を我慢しないで、しっかり水分補給をしてもらう

ポーズの途中で喉がかわいてしまったら、迷わず水を飲むようお伝えしましょう。

「皆ポーズとってるし、途中でやめて水飲んだら注意されたりしないかな…」などと思ってしまって、途中の休憩まで我慢してしまう方もたまにいらっしゃいますが、喉の渇きを自覚している時は特に水分が足りていない状態です。

水分が足りないと血液がどろどろになり、酸素や血液の巡りが悪くなって運動能力が低下し、その結果ホットヨガで得られる効果をまったく感じられなくなります。

ただでさえ汗をたくさんかき水分が体内からどんどん出ていく状況ですから、積極的に水分補給してもらうことが大切です。

3.無理にポーズを続けず、休みたい時に休んでもらう

私はインストラクターとして割とアクティブに動くクラスを受け持っているため、特にはじめてレッスンを受ける方には「無理にポーズを続ける必要はない」ということをしっかりお伝えしています。

いくら苦しく感じないように呼吸を意識してもらっても、38~40度程度の室内で運動をするわけですから、その日の体調などの違いで具合が悪くなってしまうこともあり得ます。

ヨガは、効果を求めることよりも自分が快適に行えるかどうかが一番大切です。

決して無理をせず自分のペースを保ちながら行ない、つらい時は途中で休憩を取っていいということを、レッスンのはじめだけでなくレッスンの途中でも何度かお伝えしてあげてくださいね。

4.ゆるやかなクラスから挑戦してもらう

ホットヨガをはじめて受ける方には、できればゆるやかなクラスから受講することをおすすめしましょう。

常温のスタジオでヨガの経験が何年かある方はアクティブなクラスにも慣れているかと思いますが、ホットヨガスタジオの中で行なうアクティブなクラスはその方が思っているよりハードです。

まずはホットヨガの環境に慣れるためにリラックス系やベーシックなヨガを受講して自分の身体がホットヨガの環境に合っているかを確認してもらいましょう。そして特に問題がなさそうでしたら、徐々にアクティブなクラスへと移行していくことをおすすめしましょう。

まとめ

私はホットヨガを初めて体験した時、レッスン後の爽快感にとても驚いたのを覚えています。ですがお客様の中には、「気持ち悪くなってしまった」「頭がくらくらしてしまった」という方もいらっしゃいました。

はじめてホットヨガを受けるお客様に必ず伝えたい注意点を4つお伝えしましたが、1~3の呼吸、水分補給、休憩はレッスンのはじめだけでなく、レッスン中に何度かお伝えしないとなかなか意識することは難しいです。

定期的なお声がけで、ホットヨガ初心者の方にも安心してもらえるクラスづくりをしていきましょう!

広告