【随時更新】スタジオだけじゃない!ヨガインストラクターがヨガを教えられる場所一覧

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

ふと「今ヨガインストラクターが活動できる場所ってどれくらいあるんだろう?」と思い、ヨガインストラクターがヨガを教えられる場所を調べてみました。

私がヨガインストラクターになった頃と比べてかなり増えてきているような気がします。それだけ、ヨガの需要が高まっているということですね!

というわけで、ヨガインストラクターを目指す方や、ヨガインストラクター資格を取得したばかりの方は、ヨガスタジオのオーディションだけでなく、これらの場所でレッスンをすることも視野に入れてみてください。

ヨガスタジオ

まず最初に思い浮かぶのがヨガスタジオではないでしょうか?

その名の通りヨガをするためのスタジオで、ヨガスタジオに通ったことがきっかけでヨガのインストラクターを目指したという方も多いはず。

働き方も複数あり、主に正社員、パート・アルバイト、業務委託(フリーランス)の3種類に分けられます。

正社員、パート・アルバイトは履歴書を送付・提出し、面接をして入社が決まることが多いです。一般的な会社と同じですね。

一方、業務委託の場合は1レッスン毎の契約となることが多いため、スタジオが行うオーディションに合格する必要があります。(オーディションを行わずに面接のみで合否を決定するスタジオも一部あります)

また、ヨガスタジオと一言で言っても、常温ヨガやホットヨガ、最近ではハンモックを使用したエアリアルヨガなど種類は多岐にわたります。

スポーツクラブ

スポーツクラブでヨガインストラクターとして働くという方法も一般的です。

スポーツクラブにはレッスンスタジオを併設しているところが多く、そこでは常にヨガやピラティス、エアロビクス、ダンスといった様々なレッスンが開催されています。

そんなスタジオレッスンでヨガを教えるためには、そのスポーツクラブが開催するオーディションに合格する必要があります。

また、一部のパーソナルトレーニングジムでもヨガを教えることができます。

ヨガをマンツーマンで行うパターンと、スタジオ併設のジムにてパーソナルトレーニングを普段受けている方が好きなタイミングで受けられるパターンがあります。

ヨガインストラクターオーディションの流れと、当日までにできる5つの対策を伝授!

2016.05.23

ヨガインストラクター求人の探し方。求人サイトばかりを見ていてもあなたのベストスタジオは見つからない!

2016.05.19

カルチャースクール

主に大きなショッピングセンターの中にあることが多い、カルチャースクールでヨガを教えるのも手段の一つです。

カルチャースクールでは、基本的に講師を随時募集しています。そのためすぐに活躍できる可能性が高いのです。

カルチャースクールの料金制度は月謝制が多いため、毎週自分のクラスだけを求めて来てくれる方が多いのが特徴で、お客様のことをきちんと知れるのもメリットです。

【フリーランス】狙い目!カルチャースクールでヨガのレッスンを担当するメリットとは?

2017.04.11

レンタルスタジオ

自分でスタジオを借りて、自分でレッスンの時間と料金を決めてレッスンを提供する方法です。

この方法は自分で物件を借りてスタジオを運営するわけではなく、スタジオを必要な時に時間貸で借りれるのでリスクが少ないのがメリットです。

ですが、既存のヨガスタジオでレッスンを行なうわけではないので集客はイチから行う必要があります。

自分でホームページ(もしくはブログ)を作成し、レッスンを行なう曜日や時間、場所、レッスンの内容なども自分でしっかり告知しなければなりません。

最近はレンタルスタジオを探せるポータルサイトもたくさんあるので、条件に合わせてスタジオを探しましょう。

おすすめのポータルサイトは3つ!エリアや利用人数、利用目的などからレンタルスタジオを探すことができますよ◎

憧れのスタジオ経営!自分のヨガスタジオを持つ方法

2016.03.23

公民館

公民館でもヨガを教えることが可能です。

公民館の魅力は、何と言ってもレンタル料金の安さ。もちろん地域によりますが、1時間のレンタル料が100円程度からという場所もあります。

ですが、公民館は基本的に営利目的の利用は禁止。そのため、ヨガを教えるには「サークル」としての登録が必要になります。

そのサークルの会費として生徒さんからレッスン代を徴収するのが、公民館でのレッスンの一般的な形です。

オフィスヨガ

福利厚生としてヨガのレッスンを取り入れる企業が増えてきました。

始業前やお昼休みなどにヨガのレッスンを取り入れることで、全身の血流を良くして酸素をしっかり脳に届けることができます。

朝や、昼飯を食べた後は眠気が襲ってきやすいので、酸素を脳に届けることで頭をすっきりさせ、集中力を高めることができるのです。

オフィス以外にも、お客様が予約したレンタルスタジオやお客様の自宅、イベントなどへの出張レッスンもあります。

自宅の一部

インストラクターの自宅の一部を開放してヨガのレッスンを行なう場合もあります。

自宅の一部を利用すれば、スタジオをレンタルする必要がないので余計なお金がかかりません。

ただし、一軒家なら自由に使うことができますが、マンションの場合は管理組合や理事会で営利目的の利用が禁止されている場合もあるため確認が必要です。

動画配信サイト

youtubeなどの動画配信サイトにてヨガのレッスンを配信する方法もあります。

youtubeは主に「広告収入」が収入源となります。動画の前後や途中に広告が表示・放送されたりしますよね?アレです。

ヨガのレッスンをyoutubeに投稿して広告収入を得ること自体は良いのですが、広告は動画の前後だけに配置した方がいいと思います。

レッスンの途中でCMが入るのはけっこうなストレスになるので。

ヨガ・習い事のオンラインサービス

youtubeとは異なり、ヨガやフィットネス動画の専門サイトもあります。

そういったサイトで講師を募集している場合もあるので、チェックしてみてください。

Yogalog(ヨガログ)

Yogalogはヨガのレッスン動画を配信するサービスの中で一番有名です。

2018年3月26日現在、月額1,800円で配信しているすべてのレッスンを制限なく見放題と、格安な料金プランも魅力です。

インストラクターを大々的に募集しているのは見たことがないのですが、もし気になるようでしたら問合せをしてみるといいと思います。

Fitra(フィトラ)

上記のYogalogと異なり、Fitraではオンラインでインストラクターから直接指導を受けられるサービスです。

画面の中にいるインストラクターは、録画ではなくリアルタイムでビデオを通してレッスンを行なうのです。そのため普通のスタジオのようにレッスンの曜日や時間が決まっています。

オンラインなので場所を選ばず、お客様はもちろんインストラクターも自宅等でレッスンをすることができるため、子育て中のインストラクターでも働きやすいですね。

Udemy(ウデミー)


Udemyはヨガなど健康目的のものだけでなく、ビジネスや学問などの様々なコースを受けられるオンラインレッスンです。

こちらは月額制ではなく、レッスンのコースをそれぞれ購入することでレッスンを受けられるようになっています。

Udemyの特徴としては、そのコースでカリキュラムが組まれており、一つの動画で終わるのではなくいくつかに分かれています(分け方は「1日目、2日目」だったり、少しずつ難易度が上がっていくようになっていたりと様々)

そのコース内容とプレビュー動画を見て、お客様が受けてみたいと思ったら購入する仕組みです。

2018年3月26日現在、講師募集中です。

⇒「講師になりたい方へ」ページに移動

カフェトーク

カフェトークもヨガ以外にも様々なレッスンを行なっているオンラインレッスンのサービスです。

こちらはFitraと同じくリアルタイムのレッスンを行なっています。スカイプでのレッスンになるみたいです。

自分がレッスン可能な時間帯を表示しておき、その中で生徒が希望する時間をリクエストしてレッスンを行なうシステムなので、インストラクターも生徒も希望の時間帯にレッスンができるため満足度が高そうです。

2018年3月26日現在、講師募集中です。

⇒「オンライン講師募集」ページに移動

スキルの売買サービス

自分の得意を売り買いできる新しい形のフリーマーケット(フリマ)サービスです。

ココナラ


ココナラは「ヨガのフルレッスン」を売るというよりも、「5分でできる肩こり解消のヨガ教えます!」「あなただけのヨガメニュー作ります!」など、その人の悩みに合ったものを販売するイメージです。

500円から販売OKなので、丸々60分のレッスンを3000円で売るよりも5分程度でできる簡単なヨガをいくつか用意してちょこちょこ販売する方が需要がありそうな感じがします。

まとめ

ヨガインストラクター資格を取得したら、すぐにインストラクターとして働き始めたいですよね。

ただ、資格を取ることよりもその後働き始めることの方が大変だということは、新人のヨガインストラクターの中ではよく言われること。

そもそも既存のヨガスタジオの求人はそこまで多くありません。なので活躍できる場所を自分で探すことも大切なのです。

まずはどんな活動場所があるのか、どの働き方が自分に合うのかを考えて、活躍の場を見つけてくださいね!

広告