短時間勤務もOK?アルバイト・パートのヨガインストラクターの働き方

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

前回までフリーランス(業務委託)や正社員のヨガインストラクターとしての働き方をお伝えしてきました。

今回は勤務時間や日数が選べることが多く子育てや副業などと両立がしやすい、アルバイト・パートのヨガインストラクターの働き方をご紹介します。

会社員としてヨガを教える!正社員ヨガインストラクターの働き方

2016.03.07

色々なスタジオでレッスンしたい!フリーランス(業務委託)ヨガインストラクターの働き方

2016.03.07

アルバイト・パートヨガインストラクターの働き方

お子さんがいらっしゃったり、他にお仕事をしている方、体力的にあまり長時間働けない方もいらっしゃると思います。

アルバイト・パートも正社員と同じように1つのスタジオで雇われる形になりますが、アルバイトやパートは副業OKという所もあり、メインのスタジオで働きながら、他のスタジオではフリーランス(業務委託)で働いているという方もいらっしゃいます。

お給料のもらい方は時給がほとんどです。

アルバイト・パートのメリット

時間の融通が利きやすい

スケジュールは正社員と比べ融通が利きやすいでしょう。

お子さんがいらっしゃる人はどうしても子供の予定に合わせるようになりますので、家の近くで、時間の融通のきくパートで働く方が理想的ですね。

正社員だとやはり長時間拘束されるところが多いですし、フリーランスも時間の自由はききますが、すべてのレッスンを家の近くのスタジオでできるわけではありません。

アルバイト・パートの場合は働きやすいスタジオを1か所見つけられればそこで働き続けることができますね。

ですが、アルバイト・パートでも正社員と同じような条件(拘束時間等)で採用された場合は難しいかもしれません。

人手不足のスタジオでは、時間の融通が利かないばかりか残業をお願いされることもあるようですので最初の確認が大切です。

好きな時にインストラクターを目指せる

また、最初はレッスンを持たずに、フロントだけ担当しながらたまにそのスタジオのレッスンに参加し、「そろそろインストラクターとして活躍してみたい」と思った時に研修を受けるなど、自分のプランでインストラクターになれるところもあります。

正社員はそういうわけにいきませんよね。正社員になった以上は会社の方針に従わなければなりません。

アルバイト・パートのデメリット

給料の低さ、不安定さ

スタジオによると思いますが、時給制になるので時給が低いと給料に不満を感じるようになってくるかもしれません。

フロント業務や清掃など、インストラクターとしての仕事をしていない時と、インストラクターの研修を受けてレッスンを持つようになった時で時給が変わらないというスタジオもあるため、入社する前に必ず確認するようにしましょう。

あとから「こんなはずじゃなかった…」となったら良い気持ちで仕事ができませんよね。

人間関係をこじらせたら終わり!

アルバイトは基本的に異動がありません(希望すればできるところもあると思いますが)。

家の近さを基準にして職場を選ぶことが多いと思うので、もし異動はできても遠くで働きたくないという方が多いでしょう。

その職場でもしスタッフさん同士仲が悪くなったら…お客様とトラブルになってしまったら…最悪の場合「辞める」という選択肢が一番有力となってしまうこともあるかもしれません。

アルバイト・パートの1日

私がレッスンを担当しているホットヨガスタジオのパートさんの一日をご紹介いたします。

その方はご結婚されていて、お子さんが1人います。短時間勤務で、家とスタジオは徒歩15分の距離にあるようです。近いですね

6:00 起床。朝ごはんの準備をして、お子さんが小学校に行ったら掃除や洗濯等を終わらせます。

10:00 スタジオに到着。清掃をしたり、スタジオのヒーターと加湿器をつけて室温を上げます。

10:30 フリーランスの先生が出勤してくるので、スタジオ内の照明や音楽の調整はフリーランスの先生に任せます。

11:00 フリーの先生の1本目のレッスン。この時は基本的にフロントにいて、レッスン中に疲れて途中で出てきた人のフォローや、電話予約を受けたりなどします。

12:30 フリーの先生の2本目のレッスン。事務作業もこの時間に行います。そしてこの間にもう1人スタッフが出勤してきますので、お客様用のシャワールームの清掃に入ります。

13:30 フリーの先生のレッスンが終わったところで、スタジオの清掃に入り次のレッスンの準備をします。次のレッスンは自分が担当。90分のコースなので、十分に水分を取り、軽くストレッチをしたりします。

14:00 レッスンを行ないます。このレッスンの間にもう1人スタッフが出勤してきます。

15:30 レッスン終了。わからないところがあったというお客様の質問を受けたりして、お話が終わったらシャワーを浴びます。

16:00 16時からのレッスンを別のスタッフが行なっており、もう1人のスタッフはフロントにいるため、お客様のシャワールームに二度目の清掃に入ります。

16:30 仕事終了。引継ぎなどをして帰宅します。

まとめ

いかがでしたか?

アルバイト・パートのインストラクターとして働いてみたい方は、自分が働いてみたいスタジオに一度問い合わせをしてみたり、また雰囲気を知るために、一度そのヨガスタジオに入会してみて決めるという手もありますね。

アルバイト・パートとして働く場合は勤務先の異動が発生する可能性は低いため、自分が働こうとするスタジオがどういった雰囲気か確認しておくことは大切です。

スタッフ同士の仲は、見ているとなんとなくわかりますよね。

また、お客様もどんな方がいるのか知っておきたいところ。これから関わっていくかもしれない方々を知りたいというのは当然の気持ちです。

気になったらまず行動!

インストラクターの資格などがなくても、そのスタジオの研修を受ければインストラクターとしてデビューできるところはとても多いので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

広告