ヨガインストラクター求人の探し方。求人サイトばかりを見ていてもあなたのベストスタジオは見つからない!

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

ヨガインストラクターの養成講座に通い、試験に合格して各団体の発行するインストラクター資格を取得したら、インストラクターデビューに向け求人を探し始めましょう。

自分でスタジオを持つのでなければ、各スタジオに正社員やアルバイトとして雇ってもらうか、フリーランスで活動するならオーディションを受けて1レッスンごとに契約をしなければなりません。

実はヨガインストラクターとして各スタジオに契約してもらうことは、ヨガインストラクター資格を取得するより大変です。

ヨガインストラクターの求人は多くありませんので、募集人数が少ないところにまったく経験のないインストラクターが応募しても、経験のあるインストラクターが同時期に応募をしていたらそちらが優先されてしまうことが圧倒的に多いのです。

ですが、今活躍しているインストラクターも皆初心者から始めていますから、自分がどうなりたいのかをしっかりと考え、自信を持ってインストラクターとしての第一歩を踏み出しましょう。

ヨガインストラクター求人サイトで探す

とにもかくにも、まずは求人サイトを見てみるのが良いかもしれません。

求人サイトは地域を指定したり、条件を入力したりできますし、また募集をしているスタジオを一気に確認できるメリットがありますので一度見てみることをおすすめします。

自分が働けそうな地域でどんなスタジオが求人を出しているのか、なんとなくでも知っておきましょう。

オススメ求人サイト

世の中には多くの求人サイトがありますが、大きな求人サイト(職種・業種関係なく載っているサイト)よりもヨガを中心としたフィットネス系の求人を専門に載せている求人サイトを見る方が情報を把握しやすいでしょう。

リジョブ

リジョブキャプチャ

こちらは美容・治療・リラクゼーション・フィットネス系専門の求人サイトです。地域や雇用形態で検索ができます。

フィットネスジョブ

fitnessjobキャプチャ

こちらも地域や雇用形態での検索が可能。さらに自分の働きたいジャンル(ヨガ・ピラティス・ホット等)も細かく選択できます。

また、求人情報だけでなく養成講座や就職・転職ガイドなどの役立つ情報も掲載。

YOGA JOB   NaYOGAのヨガインストラクター求人情報

こちらは地域での検索などはできないのですが、求人情報の掲載が無料であるため、頻繁に求人情報が更新されるので常に新しい情報を入手できます。

※「ヨガインストラクター求人情報by NaYOGA」は2017年9月に「YOGA JOB  NaYOGAのヨガインストラクター求人情報」にリニューアルされました。2017年12月11日より当サイトでも画像とリンク先のアドレスを変更しております。

YOGAROOM インストラクター求人・オーディション情報

YOGAROOM求人キャプチャ

こちらはYOGAROOMというヨガスタジオ検索サイトの中にある求人・オーディション情報ページです。

掲載数は多くありませんが、スタジオを検索する時に一緒に確認できるので便利です。

YOGA Job!

※2017年12月11日追加

こちらは、上記のYOGAROOMが運営するヨガ専門の求人サイトです。ヨガに特化しているので、一番探しやすいといえます。

探し方も希望エリア、職場の種類、契約形態、職種、フリーキーワードから探せるため、より自分の希望に合うスタジオが見つかる可能性が高まります。

Yoga Station ヨガの求人情報

yogastation求人キャプチャ

こちらも上記のYOGAROOMのようなヨガスタジオ検索サイトで、ヨガインストラクターの求人情報が多く載っています。こちらもわりと頻繁に更新されています。

ですが、こういった求人サイトでも、求人情報を掲載しているスタジオはほんの一部です。

求人サイトだけを見て、これから自分がずっと働くかもしれないところを決めるのはもったいないので、余裕があれば次のこともやってみてください。

各ヨガスタジオのホームページから求人情報を確認する

求人サイトに求人情報を掲載するには掲載料がかかるため、載せているスタジオはあまり多くありません。

ですので、やはり各スタジオのホームページに掲載されている求人情報を見るのが良いでしょう。

ですが自分がレッスンを持ちたいヨガスタジオやスポーツクラブを探すのは地道な作業です。

たとえば東京都港区に住んでいるインストラクターがいたとして、自分で街を歩いてヨガスタジオやスポーツクラブを探したり、インターネットで「港区 ヨガスタジオ」などと検索しても得られる情報はあまり多くないでしょう。

同じ地道な作業をするなら、もっと効率よく探したいところです。そこで…

ヨガスタジオ検索サイトを利用しよう

自分が出勤できそうな範囲にどれほどのスタジオがあるのかを把握すのは簡単ではありませんので、ヨガスタジオを検索できるサイトを利用して様々なスタジオの情報を手に入れましょう。

インターネットで「ヨガスタジオ 検索サイト」と入力してみると、ヨガスタジオを検索できるポータルサイトがたくさん出てきます。

なかでも有名なのが、先ほど求人サイトの紹介にも出てきた「YOGA ROOM」という検索サイト。

地域や駅名、ヨガの種類、ヨガスタジオ名等でスタジオを絞り込むことができます。

自分の求める条件でスタジオを探し、条件に合うスタジオの一覧を確認してみましょう。そこからさらにスタジオの詳細に目を通していきます。

主なヨガの検索サイトは基本情報を無料で掲載できて、詳細情報を載せたり検索のトップにくるようにするのには別途掲載料がかかるというものが多いので、基本情報だけを載せているスタジオの方が圧倒的に多いです。

ですから、検索サイト上の情報だけでなく、そこからスタジオのホームページに飛び、スタジオの規模やコンセプト、レッスン内容、アクセスなども確認して働きたいスタジオを絞り込みましょう。

働きたいスタジオをある程度絞り込んだら問い合わせをしよう

ある程度働きたいスタジオが決まったら問い合わせをしていきます。

最初に、求人サイトで見つけたスタジオに求人応募をしたい場合、求人サイト経由で申し込めるならそちらで申し込んだ方が話が早いです。

特に本社で求人対応をしているという場合は、スタジオに直接連絡をしたとしてもスタッフさんは求人について把握していないという場合があります。

求人サイトには掲載しておらず、スタジオのホームページで求人情報を見つけた場合は、そこに記載されている方法で連絡をしましょう。

働きたいと思ったスタジオが求人情報を掲載していない場合

自分が働いてみたいと思ったスタジオが求人情報を掲載していなかったらどうしますか?

諦めるのはまだ早いです!

求人サイトに情報を載せるのにはお金がかかるし、ホームページに求人情報を載せると更新の手間があるため、実はインストラクターの募集を告知していないところはかなり多いのです。

求人情報が載っていなかったとしても、電話番号やメールアドレスは載っていますし、お問合せフォームを設置しているホームページもありますよね。

ぜひ直接問い合わせをしてみて、インストラクターを募集しているか確認してみましょう。

「ちょうど〇月でインストラクターが辞めるので募集しようと思っていた」などと言っていただけることもありますよ。

ちなみに小規模なスタジオの場合、電話で連絡をするとレッスン中や接客中はつながらないという場合があるので、メールや問い合わせフォームからの連絡の方がお互いに良いかと思われます。

こちら側としては、何度も電話連絡をするのは気が引けますし、文章で送る方がスタジオ側も問い合わせ内容をきちんと確認しやすいです。

まとめ

ヨガインストラクターとして活動するためには、自分で働くスタジオを見つけなければなりません。

ヨガインストラクターとしての経験がないと契約をしてくれないスタジオが多いのは事実ですが、世の中のヨガインストラクターは皆、初心者の自分と契約をしてくれる数少ないスタジオを見つけ出しインストラクターとしての第一歩を踏み出しました。

自分と縁のあるスタジオはきっと見つかります。

そのためには、一つの求人サイトをただ眺めるだけでなく、複数の求人サイトの情報を確認し、また求人サイトに掲載していないスタジオにも自ら問い合わせて活躍の場を見つけ出しましょう。

広告