会社員としてヨガを教える!正社員ヨガインストラクターの働き方

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

前回はフリーランス(業務委託)のヨガインストラクターの働き方についてお話ししました。ですが、やはり正社員として安定した働き方をしたいという方も多いと思います。

そこで今回は、正社員ヨガインストラクターの働き方をご紹介します。

短時間勤務もOK?アルバイト・パートのヨガインストラクターの働き方

2016.03.10

色々なスタジオでレッスンしたい!フリーランス(業務委託)ヨガインストラクターの働き方

2016.03.07

正社員としての働き方

正社員として1か所のヨガスタジオで働いている方もたくさんいらっしゃいます。

正社員のヨガインストラクターは他のお仕事と同じように、会社に所属し、お給料という形で報酬をもらいます。

月給がほとんどで、レッスンごとに歩合でレッスン報酬がもらえるところもあるようですね。

正社員のメリット

安定した給料

正社員として働くことの最大のメリットは、やはり安定してお給料が発生することでしょう。

フリーランスの場合、例えば災害などで交通がマヒしてレッスンが休みになってしまった場合は一切報酬が発生しませんが、正社員の場合は基本給があるので安心です。

契約終了という概念もありませんので、突然働けなくなる不安を感じなくてすむというのも大きなメリットです。

移動がほどんどない

またスタジオごとに移動することもなく、一日同じスタジオ内で過ごせるので余計に体力を消費することはありません。

会議や他のスタジオのヘルプに入る時はあると思いますが、毎日のことではないでしょう。

研修制度を利用できる・福利厚生・各種保険がある

すべてのスタジオがそうだとは言えませんが、研修もしてもらえることが多いので、インストラクションに自信がなくてもヨガの仕事に携われるというのもとても魅力的です。

またお客様の前に立つ前にレッスンを見てもらえるので、自信を持ってレッスンデビューできます。

その他福利厚生や雇用保険・厚生年金保険等があるところも正社員のメリットでしょう。

正社員のデメリット

好きなレッスンができない(かもしれない)

そのスタジオでしかレッスンができないということは、自分のスタジオが提唱しているレッスンが合わないと感じてもそれに従うしかありません。

自分の好きなようにレッスンを行うのが難しいという点は、デメリットといえます。

スタジオに合わせたシフトになる

出勤はシフト制が多いかと思いますが、誰かが病気になったら急きょ駆り出されることもありえます。

お客様は時間を決めて予約をしていらっしゃるので、そこでレッスンに穴をあけるわけにはいきませんよね。

アルバイトやパートよりも、スタジオに合わせて自分の予定を組まなくてはならないということが多いため、自分の時間を確保しづらくなる時もあります。

常に売上を考えなければならない

そして正社員は売上を考えるのも大切な仕事の一つです。その日その日の売り上げを意識し、本社への報告なども行ないます。

時には上から厳しく売り上げについて指摘されることもあるようですね。デメリットというよりは、正社員の大変なところでしょう。

正社員の1日

私はフリーランスで働いていますので、今回は私がレッスンを担当しているスタジオの社員さんの一日をご紹介いたします。

6:30 起床。準備をして家を出る。

9:00 出勤。もう一人スタッフが出勤しているので、一人は銀行へ行きレジ内の金銭も揃え、一人はメールチェックやスタジオ全体の掃除を行う。

9:30 お客様を迎え入れる。10時のレッスンを受けるお客様が続々といらっしゃいます。

10:00 1本目のレッスン。リラックスヨガ。

11:30 続いて2本目のレッスン。ベーシックな内容のヨガを75分。

12:45 レッスンを終えてシャワーを浴び着替える。

13:00 お昼休憩。

14:00 お客様用シャワールームの清掃。気持ちよく使っていただけるように心がけます。

15:00 別のスタッフがレッスン中。フロントにてお客様のご予約を受けたり談笑したり。

16:30 19時まではレッスンがなくお客様がいないため、メールを確認したりDM(ダイレクトメール)の準備をしたりします。

18:00 今日の仕事は終了。引継ぎなどをスタッフと確認します。

19:00 帰宅

何人かのスタッフで仕事をふりわけながら1日の仕事を行います。

一般的な小売店と違い、レッスンを設定していない時間があり(主に平日の14:00~17:00頃は集客しづらいためレッスンのないスタジオも多い)、お客様が来ない時間を利用して行う業務もありますね。

正社員もレッスンを行いますが、スタジオの運営も正社員の大切な仕事です。

レッスンをしない日もあれば、強度によっては一部の人しか持てないレッスンもあるため、そういったレッスンを担当している場合は負担が大きい日もあると思います。

まとめ

正社員はレッスンだけやっていれば良いというわけではないので、常にスタジオ内の状況や、お客様やアルバイトの行動にも気を配り、スタジオをスムーズに運営することを考えます。

また接客業ですので、時にクレームなども起こりえます。

大変なことも多いですが、お客様との触れ合いもフロント業務やレッスンを通して多くなりますのでやりがいも感じられるでしょう。

正社員の募集を出しているスタジオも多いですから、自分が働いてみたいと思うスタジオのホームページを確認してみてくださいね。

広告