【フリーランス】報酬が支払われない!?お金のトラブルにインストラクターが取るべき対応とは

広告




こんにちは、ヨガインストラクター&ライターのあゆみです。

フリーランスのヨガインストラクターとしてヨガスタジオやスポーツクラブなどと契約をして働く場合、スタジオ側からレッスンフィー(報酬)をいただくことになります。

ですが残念ながら、スタジオ側が報酬を払い忘れてしまったり、悪質な場合、支払いを先延ばしにしようとすることもあるようです。

実際に、私も支払いを忘れられた上、スタジオ側にそれをお伝えしてもこれといった謝罪や説明もなく、遅れて報酬が支払われたということもありました。

こういったトラブルに対して、私たちフリーランスインストラクターはどういった対処をしたら良いのでしょうか。

どのスタジオがいつ・いくら報酬を支払うのかを必ず把握しておく

まずは、そういったトラブルにすぐに対応できるよう、報酬が支払われる日(「毎月25日」など)や金額を必ず把握しておきましょう。

そして、きちんとその日に正しい金額が支払われているのかをチェックしましょう。

手渡しの場合は必ず支払日に報酬を渡されたこと、そしてその金額が正しいかどうかを確認してください。

振り込みの場合は、どうしてもその日にチェックできないということもあるかと思いますので、翌日以降にでも通帳に記帳をし、きちんと支払日に振り込まれたこと、そして金額が正しいかを確認しましょう。

あとになって支払いが遅れていたことや金額が間違っていたことを伝えても、「きちんとチェックしてないんだな」と思われて、はっきり言ってなめられます。

「ヨガに関わる人がそんな嫌な人なわけない!」と思っている方もいるでしょうが、ヨガをビジネスの対象としてだけ捉えている方だって大勢いますよ。

間違いに気づいたら、報酬の支払元に連絡する

支払日や金額の間違いに気づいたら、報酬の支払元に連絡をします。「支払元」と表記しているのは、スタジオによって誰に伝えるかが変わってくるからです。

まず、個人が運営しているようなスタジオでは、スタジオオーナーが経理も担当していることが多いです。そのため、直接オーナーに伝えるのが良いでしょう。

逆に大きなヨガスタジオやスポーツクラブでは本社があって、そこから報酬が支払われることが多いです。

その場合は、まず本社の給与担当者(総務部や経理部、人事部など、その担当者がいる部署や課は企業によって違いますので確認してください)に連絡をしましょう。担当者が複数いる場合は、誰に伝えたのか必ずメモしておくようにします。

そしていつまでに対応していただけるのかを、はっきりと回答していただきましょう。

悪質だと思ったらどうする?

支払いの遅れをすぐに対応してもらえたり、金額の間違いをすぐに正して残額を振り込んでもらえれば基本的にそれで解決だと思います。

ですが、同じようなことが何度も続いたり、上記のことをいつまでも対応してもらえなかった場合は「あれ?もしかしてこのスタジオは悪質なの?」と思いますよね。

そういった場合は、まずは労働基準監督署に相談してみるのが一番早いです。

相談先としては行政書士事務所や司法書士事務所もありますが、どこに行って良いのかなんてわかりませんよね?

ですので、まず労働基準監督署に相談して、自分がどういう状況なのかを一緒に整理しましょう。必要なら、さらに行政書士や司法書士に相談しに行くことになるかと思います。

自分だけで悩まずに、契約に関するプロに相談して、自分だけが不利益を被ることのないように対処をしてくださいね。

間違っても、契約先と喧嘩して勢いで契約解除!なんてことにならないよう、冷静な判断をしていきましょう。

広告